フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

ウェブページ

« 地元の教職員の研修会で | トップページ | 2018年のスタート! »

2017年12月28日 (木)

2017年の年の瀬に

今日(28日)で今年の業務は最後、新年は4日からです。

振り返ればいろんなことがありました。「森友事件」では一躍「豊中」の名前が売れました。校区では児童養護施設・障害者のグループホーム建設反対運動が持ち上がりました。これらは平和や人権とは相いれない事件で、私たちの取り組みがまだまだ弱いことを知らされました。

「部落地名総鑑」の元ネタとなった資料を元にした復刻版が「鳥取ループ」をなのる者によってネットに晒される事件の裁判が進行中ですが、インターネットの時代における部落問題のありよう(寝た子はネットで起こされる)をしっかりとらえ、これに対する取り組みが不可避となっています。容易ではありませんが、協会としてできることをやらねばと思います。

そうした中、「部落差別解消法」ができて1年経過しましたが、具体的な動きはありません。このままでは「お飾り」になってしまいかねません。国・政府待ちではなく、地域・自治体からとりくみを提起していかねばならないと思います。しかし、地元の自治体(豊中市)でも、前に踏み込むのではなく、うすめや後退の動きが目につきます。法を活かすも殺すも私たちにかかっていることを痛感します。

11月には梅田のヨドバシカメラ前で「ヘイト街宣」に遭遇しました。ヘイト派とカウンター派と警察官で現場はごった返し、言ってることが聞き取れないほどの喧騒でした。白昼堂々とこうした差別扇動がまかり通る現実、それを止めることができない現実に歯噛みする思いでした。ヘイト派が表に出てこれないような状況(カウンターで圧倒し、孤立させる)をつくらねばなりません。

個人的には、4月に避難指示が解除された「富岡町」と「浪江町」を歩き、殺伐とした街の様子に息を呑んだことが印象に残っています。復興いまだ遠しを実感しましたし、人が住んで暮らしを紡ぐにはまだまだ時間が必要だと思いました。

2017年もいろんな取り組みに参加していただき、ありがとうございました。2018年も引き続きご愛顧と叱咤激励をお願いする次第です。(ささき)

1099




« 地元の教職員の研修会で | トップページ | 2018年のスタート! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604782/66209008

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年の年の瀬に:

« 地元の教職員の研修会で | トップページ | 2018年のスタート! »